私はクリスチャンであります。

で、聖書なるものを読み、教会へ行きます

たぶん、自分で言わないと誰も信じてくれないほど、

「ぽくない」

です。

こないだ、ちょっと苦手だった人が突然の事故で亡くなりました

クリスチャンでした。

しりませんでした。

「ぽくなかった」から。

お葬式に行ったら、牧師先生が、

「チョットニガテダッタ」と告白し、

ノンクリスチャンの友人知人は、

「教会のお葬式ってなんか、えいね」と。

私もいつかこの世を去る。

私お葬式、いやこの世との「告別式」には

どっさりの人に来て欲しい。

帰りに

「私も教会で葬式したい」って思ってくれたらえいちや。




今日神様から突然、こんな言葉を感じた

「愛する私の娘よ、今、目の前にあるもので最善を尽くしなさい。
すでに私はお前に多くのものを与えている。
これから私がそれをあきらかにする。
新しいものや、新しい現象をもとめるな
私が日々お前を新しくするから、思い煩うな、恐れるな、いつも私はお前と共にいる。」

今ある不安が吹っ飛びました!IMG_2024