2015年2月20日 土曜日 

朝から雨がざーざー降る中、今日は人くるがやろうか?

無料のイベントやき、案外席あいちゅうかも・・・・・・

なぁんて、行きたかったくせに、ちょっと引き気味にでかけました

それは、

金融教育講演 「お金から考える幸福論」 講師 古市憲寿さん
古市チラシ


です!

レポートするまえに講師の古市さんってどんな方?

ご存じない方にざっくり、ご紹介しますね

まずは、こんなお茶目な画像から^^Twtterのプロフィール写真です

古市とくまさん

くまのぷーさん大好きなんですね・・・・趣味合います(だからどうなんだ!!)


【経歴】

古市憲寿(ふるいちのりとし) 東京都出身
1985年1月14日生まれ 作家 評論家
2016年現在、東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。
専攻は社会学。
現代日本の若者をテーマにした著作を発表している。朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員。日本学術振興会育志賞受賞。
若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)、世界の戦争博物館を巡り戦争と記憶の関係について考察した『誰も戦争を教えてくれなかった』(講談社)などで注目される。
内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員、「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー、「クールジャパン推進会議」委員などを務める。日本学術振興会「育志賞」受賞。
日本社会にひそむ様々なズレについて考察した『だから日本はズレている』(新潮新書)は10万部を突破。

(引用 ウキペディア アマゾン著者紹介)

●Twtter
http://twitter.com/poe1985


●インスタグラム
poe1985

正面のお顔はこんな感じ^^
古市プロフィール写真1
なかなか、シュッとしてます。

では早速レポートいたします。



徒歩で会場に到着!
古市会場

ここは、2年前に観光コンベンションセンターの筆記試験で来て以来です・・・

ん・・・結果は聞かないで・・・・落ちましたよ、、、、えぇえおちましたってば。。。><;


あいにくのざぁざぁぶりの雨でもしかしいて空席があるのかとおもいきや
会場につくと、熱気むんむん、年齢層高し!
古市幕



司会の方の説明によると、2/1の募集開始から次の日で
300人到達!
その後100人以上の方をお断りされたそうです・・・・

すごっ。

私はたまたま、一ヶ月ほど前ユーチューブで彼をみかけ、
「あれっ、なんかしれッと、的確なコメントするやん!」と
なぁーーんとなく名前と、ぼんやり顔を覚えていたら。。。
愛読している「あかるいまち」のお知らせを発見!!
2/1は6時におきて携帯の前でまちかまえてから申し込み!
ラッキーと満員の会場を見渡して気分も上がってきて
古市さんの登場・・・・・・・・・

の前に^^;おっと~~~

まずは手話の説明付で主催の方からのご挨拶がはじまりました。
「そうそう、こういうイベントは挨拶からはじまるのが基本や!」

と、目の間の手話を夢中でみていたら、

「劇団を作って、出前でオレオレ詐欺などにだまされないようにするための芝居を行っています」
*あとで古市さんもこの発言にウケていて、たいそうおどろかれてました

なんて、言ういう説明に俄然興味深々。
具体的な計画はないですが今度お願いしてみたい気持ちになりました。

とうことで、早速古市さんとーーーじょーーー!

ここから先はアタクシのメモと解釈を交えた個人的見解のレポートです。
それと全部レポートをかくとおそらく膨大な量になってしまうので
私が印象に残った箇所をピックアップしてます
その点ご了承の上お読みください。

今日の雨で、飛行機が飛ぶかどうかわからなかった。。とのこと。
しかも陸路で来ようかとおもったが、新幹線は異常に時間がかかることがわかり

古市:「高知は陸の孤島ですね~~こんなに遠いとおもわなかったです」

・・・・だって!

しょっぱなから軽く「高知いじり」。

「この会場すごいですね、いまどき金屏風なんて」

とか、田舎であると言うことを嫌味なく
かつ、事実に基づき指摘していくオープニングで彼の話術に
会場全体はすっかりリラックスムード!
もちろんアタクシも、マインド全開のイケイケ前のめりで、椅子から落ちそうな勢い。

最初の言葉は

「みなさんは幸せになるにはお金が一番重要だとおもいますか?
お金じゃないと思う方手を上げてください!あ、これって変な宗教みたいですね、違いますからね^^」

と、スパイスいれながら、ドストライクの質問から始まりました

会場の反応は・・・・・・・

会場全体の7割くらいが手をあげました。

続いて

「今自分は幸せだと思う人」

これまた7-8割くらいの人が挙手!

反応を見た古市さんは以外そうでもあり、満足そうにもみえました。

そして色んな国の統計を交え、「お金を持っている人が必ずしも幸せとは限らない」
という事例をバラエティ豊かにお話してくれました。

例えの前に前提として、年収5-600万まではお金があれば幸せだと感じるレベル
それ以上だと幸せ度が下がるそうです(どこの統計かはメモわすれました)

では、わかりやすいたとえをひとつ!これはメモなくても覚えてました

古市さんの財閥の友人がの悩みとして

「近づいてくる女性全てがお金目当てだと思ってしまいまともな恋愛ができない」


ちょーーーーわかりやすい「たとえ」!!!

う=====お金持ちの気持ちはわからないけど、^^:これは不幸ですね^^

あと、ありあまるお金を持っていても「資産管理」だの「遺産相続」だの
身近な人々との生臭い人間関係に悩まされる友人知人を見ていると

「お金を持っているからと言って幸せとは限らない」

と、こうなります。

確かに私も自分に置き換えてみると、
お金がないと言うことは
「オレオレ詐欺」に合うこともないし
「お金目当てでちかづいてくる友人・知人・家族・親戚」いないので
余計な心配はゼロ!しかも何もないところで信頼関係が築けるので
信頼できる人間関係が多いです!あぁ、これってしあわせですよね^^

その話を踏まえ、

「高知県の幸せ満足度は何位でしょうか?」
の流れにはいります。

私はなんとなく自分の状況を考えてかなり上位かと思ってたんですが
結果はこれ!
古市幸せデータ

まさかの、ビリから2番目!ほぼ、再開や~~~ん!

古市さんからまさかの統計結果をしらされ、会場内失笑がもれます!

でも、実はこれ、失業率とか、収入とかお金から見た幸福度、と言う統計だそうです。
まさに会場内の7-8割が「今の自分は幸せである」「お金が幸せのための一番の条件ではない」
と実感している結果に繋がります。

つまり、「お金を稼げな=不幸」と言う基準であれば高知県は幸せ満足度はほぼ最下位。
でも、お金=幸せ満足度でないと言う価値観なら高知は充分幸せ満足度が高い県だといえますねっ^^

幸せ満足度世界一といわれるブータンにしても味方をかえれば本当に「しあわせ」なのかどうかは疑問との事。
実はブータンの平均寿命は61.8歳。気候や、地形の影響もあり交通機関はそれほど発達していない上に
病院が少ない土地。せっかく病院にたどりついても「お祈り」をして診察終了!という場合も多々あるそうです。
国内は賃金も安いのですが、ブータンにたどり着くまでも遠く、運賃も高いうえに、
外国人が国内に来るときはホテル代、食事代も非常に高価な設定なので、ごく一部の国のセレブな人しか
ブータンに滞在できないが現状・・・だって><
一般的な観光客と国民の交流は少ない・・。政治の割合独裁的なので、
限られた情報の中でブータンに暮らす人々には他と比べようがないわけです。
だから特に不満もなく生活している人にとっては
「しあわせ」と感じる国民がおおいのでは?という、古市さんの見解でした。


彼は色んなデータの数字を元に話をすすめるので
とっても比較対象が簡単に頭の中で映像化できるので
聞きながらどんどん頭の中でストーリーが出来上がっていくんです
だから全く飽きないんですね。

ここで、また重めなデータに基づく例をひとつ。
これは今回の講演の中の話で一番意外でした!

唐突ですがご存知でしたか?日本の殺人件数って。。。

「昔の日本が良かった」とは全面的に思わないにしろ、
凶悪犯罪や、殺人件数って今のほうが若干おおいのかな。。と
漠然と思ってましたが、実は.......

1995年のデータをみるとなんと

2119人!!


この段階では多いのか、少ないのか正直わかりません・・・
古市データ殺人事件件数1995

で、2013年は何人でしょうか?

342人

えぇーーーーーーーーーーーーほんま?ほんま?の数字です。

古市データ殺人事件件数

もちろん、凶悪犯罪は少ないほうが人類幸せに決まっています!
だとしたら、圧倒的に現在の日本は幸せじゃないですかぁ!!

ハードなデータ結果でしたが、今回このことが一番ショックでした。

他にも
・日本人は自分で好きな病院に行ける→国よっては地域で定められた病院しかいけない
・フィンランドの歯医者は保険が効かない→虫歯等、歯の疾患は自己責任によるところが大きいから

など、私たち日本人が当たり前と思っている事が世界では特別だといううことや

・幸せと感じる時間は2年間
・不幸と感じる時間も2年間
・目の前の事に集中しているときが満足度が上がる
・日本人は世界から見て「読書」する国民が多い国である

など、うっすら、感じていたこともありましたが、データを元にすると
俄然、実感として確信が深まったり、
知らなかった情報もたくさんで目からうろこがはがれまくりました。

さて、そんなこんなであっというまの1時間でしたが
休憩20分をはさみ次は質問コーナー


こういう講演会にはめずらしく、ものすごくたくさんの質問がきたようです。

書く言う私も「絶対読まれる」という確信の元質問用紙を提出!さてどうなりますか・・

数々の質問を実に、さらっと、ユーモア交えながらこなしていきます・・



Q1
・スクリーンを使わないのになんでスクリーンをよういしてるんですか?(笑)
*講演のとき、ずーーーっと同じ画面が表示されていて、わたしも「なんで?」と感じていたのでナイスな質問!
A.「あ、すみません・・・一応使うかなと思って用意してたんですが、結局使いませんでした。
あと、真ん中に立ってしゃべると変な宗教みたいでヤダナ(笑)と・・。

Q2
・私は60歳ですが老後の事を考えると心配です。年金はちゃんともpらえるんでしょうか?
A.「年金制度ができたのは平均寿命が短い時代。もらえないことはないとおもいけど、
金額はへるんじゃないでしょうか?そもそも老後って言う定義がまず何歳からか・・というのをどう考えるか
後4-5年したら女性の4人に一人歯90歳まで寿命が延びると言われています。7人に一人は100才とも。
コレを考えると60歳で老後と言うと20年もあるわけです。昔と違って60歳くらいからまだまだやれることを
今から探してみる時代になってきてると思います」
*これには深くうなづいちゃいました
!!

Q3
・うちの子は不登校です。どうしたらいいですか?
A.「不登校がいけないと言う価値観事態ずれてきているのではないだろうか?
たとえば今、「ドワンゴ」という会社がN高という、スカイプを使った通信の高校を作ろうとしています。
これは面白いシステムですね興味津々なので、少しご紹介

公式HPはコチラ
以下公式HPから引用

自分らしさ伸ばそう、将来のために

「自分らしさ」をもっと出してもいいんじゃない 多くの高校生がみんな同じように学校に行く
それはなぜ? 周りのみんなと同じことが正解?

「自分らしさ」を磨いてみてもいいんじゃない 高校という時間はみんなに平等に振り分けられる
その時間の使い方を自分で決めてもいいんじゃない

勉強でもスポーツでも自分のやりたいことでも 「自分らしさ」を磨いて伸ばす時間を自分で作ろう
磨いて伸ばせば、好きなことで一流になることもできる

新しい時代には新しい時代に合った"学校"で 自分だけの高校生活を自分で作り出そう

脱 ふつう。


更にN高は課外授業が充実。各分野のプロから様々な授業が受けられるんですよぉ


feature_img02
まだまだあります!在学中にドワンゴの研修がうけられ、そのまま就職の可能性も!
おもいしろいのは通信なのに
制服もあります!じゃ~~ん

女子
uniform_img02

男子
uniform_img01

あぁ、とーーっても魅力的な学校ですね。いかんいかん、すっかりドワンゴの宣伝になってしまった
気を取り直して、質問の答えに戻りますね^^;加えてここで、古市さんから意外な答えが


「実はぼくも、不登校じゃないんですが勝手に「月曜は休み」ときめていたので
高校は週休3日で通ってました・・・」
*ひえ!!それあり???

Q4
・昨年自己破産して、今無職です。貯金もないし、年金もかけてないので起業しようとおもってます。
手に職つけようとおもってますがなにがいいとおもわれますか?
A.「結構、重い質問ですねぇ(笑)ま、でもいいんじゃないですか起業。。
ただ初期通しが少ないものをおススメしますね」
*さて、ダレの質問でしょうか^^;!!


さ、この辺でそろそろレポートは終わりにします
なんせほとんどメモ取ってなかったから・・・にしてもこの量はすごいでしょ!
全部レポートしいたらどんだけになるのか・・・・

また思い出したら追加します、ね。
1時間の講義を聞いて私が感じたのは

・ごくごく一般的には
お金がある=と幸福満足度が必ずしも一致しない(ただし年収5-600万まで)
で、す、が、
例外的に思うのは、たくさんお金を稼いだり、資産を持っていたりしても
「使い方(目的)がはっきりしている」
人はたくさんのお金があっても幸せなんだと思います。
あるいは、「お金を循環させていける人」かな。

・目に見える現象や、状態というのは一つの側面で語られてはいけない。
・目の前にあることに集中して取り組む
・運動をする
・60歳は老後ではない
・今までの価値観は変わってきている

結論

「今を生きる」

ですねっ^^

ソッコー古市さんお本をアマゾンでゲット

古市保育園
古市本


当日彼も高知が気に入ってくれたようでとてもうれしゅうございました
古市インスタ


以上、るみでした!!

ブログ集中して書いたど~~~
楽しかったぁ

ほんならまた