司牡丹  土佐牡丹酒
純米酒の中で一番CPがいいと思う
純米酒で980円くらい。。
通常の日本酒より1度ひくいので
スルスルとのめます。。

元々小説からできたお酒です

くせがないのでどんな料理にもあうし
飲む人を選びません















なので、
山本一力の(高知県出身)
「牡丹酒」(下記写真参考)を加えて


同じく物語の中にでてくる

酒盗をせっとにしたら
完璧です、、



















本を読みながら

酒盗をあてに

牡丹酒をぐびぐび

飲みながら次第に小説の中入り込んでいける醍醐味


クゥーたまりませんね

かなり、「イケてる」お土産だと思う。。

お酒はなぜか、サニーマートや、エースワンなどーー

高知の大手スーパーでー販売してますよ。

意外に酒屋さんにないのですわー

さっ、今から買いに行こっと


ちなみにあたくしは

本は中古で購入

酒盗はクリームチーズとのゴールデンコンビで食します


こじゃんと、合うき

まぁ、いっぺんためしてみてや